妊活と健康に関する情報をお届けします。 妊活と健康に関する情報をお届けします。

健康お役立ちコラム

妊活に必要な【呼吸】

健康お役立ちコラム 2021年01月14日

頑張り屋さんの妊活さん

妊活さんをサポートさせていただいておりますと、とにかく頑張り屋さんが多い気がします。

できるだけ早く、最短で妊娠したい。1ヵ月も無駄にできない。その気持ちはよくわかります。

卵子も1ヵ月でも若いうちに。次が最高の卵子かもしれない。その気持ちもよくわかります。

 

毎朝、基礎体温を測るので、寝起きも気を張り詰め、

いつ排卵するの?今日?明日?もしかして昨日だった?排卵予測日前後は、頭の中がそれでいっぱいです。

わたしも経験しているので、本当によくわかります。

 

それ以外でも、葉酸サプリはどこのが良い?鉄は足りてる?栄養のことも気になります。

あれが妊娠するために良いらしい、これ飲むと良いらしい・・・検索魔にもなります。

本当に、気が抜けない状態が続きます。

とっても頑張っているから、パートナーが少しでもさぼったら、悲しくなったり、怒ったり。気持ちの上がり下がりも激しくなります。

だいたいの方が当てはまるのではないでしょうか。

 

妊活さんの頑張りに応えたい!本当にそう思います。

妊娠して、妊娠継続して、健康な出産、健康で育児、ぜひしてほしいです。

 

呼吸のこと

今日は、忘れがちな【呼吸】のことをお伝えしたいと思います。

妊娠体質になるためにも必要なことです。

 

内側からエネルギーを作る

常々、妊娠体質になるためには、からだの中からエネルギーを産み出せるようにならないといけない、と言ってきました。

外から温めるだけでなく、内側から熱を産み出せるエネルギーで冷えも改善。

臓器が正常に働くためにエネルギーを使い、血液の質、量を高めましょう。

そのうえで、必要な栄養素を摂り、からだを循環させることで、妊娠体質になっていくのです。

そのためには、ミトコンドリアを活性化させたり、臓器が縮こまらずに動く環境が大事です。

 

ミトコンドリア活性

ミトコンドリアは、わたしたちの細胞の中で、エネルギーの生産工場のような役割をしています。

そして、卵子にもっとも多くが集まっていると言われています。

最近は、生活習慣や食生活の乱れから、このミトコンドリアの働きが弱まっています。

高糖質、高脂質の食事を続けると、エネルギー変換が簡単で、ミトコンドリアがさぼるのです。

ミトコンドリアを活性化するには、少し辛い運動や、少し空腹に耐えることなど、からだをなまけさせないことです。

飢餓状態だと、脳幹も活性化します。

 

ミトコンドリアには酸素が必要

そして、ミトコンドリアがエネルギーを作るときには酸素が欠かせません。

その酸素、上手に取り入れてると思いますか?元々、ストレス社会に暮らす現代人は呼吸が浅くなっています。

それに加えて、今は新型コロナウィルスのせいで、皆さんマスクを日常的につけていますね。さらに深い呼吸がしずらいのです。

 

呼吸が浅いと・・・

浅い呼吸では、自律神経の働きも悪くなります。寝つきが悪い、朝起きたときに熟睡した気にならない、疲れが取れない・・・。

眠りの質が悪くなると、ホルモン分泌にも影響があります。

たくさんのホルモンが毎日分泌されていますが、それらは連動しているので、一つが整わなくなると、引きずられるように他のホルモンにも影響が出てきます。

抗ストレスホルモンや、もちろん女性ホルモンも。

女性ホルモンが乱れれば、妊娠するためのからだの準備はとどこおってしまいます。

 

どういう呼吸が良いの?

では、どういう呼吸をすればよいのでしょう?

深呼吸も良いですが、腹式呼吸がとても良いです。横隔膜を意識してみてください。

横隔膜が動くことで、周辺の臓器の働きも良くなります。

骨盤の位置も意識してみてください。姿勢が悪くなって、骨盤が前傾していませんか。

巻き肩になっていませんか。肩のことですが、からだは連動しているので、骨盤にも影響が出てきます。

骨盤が前傾していると、腸や子宮の位置も悪くなり、血流なども悪くなります。

 

習慣化する工夫を

一日中、腹式呼吸をするのは無理がありますので、ぜひ、ルーティンにすると良いと思います。

朝起きたら、外を見ながら、10回。

夜寝る前は、お布団の中で、10回。などです。

これは例なので、ご自身の生活の中で、やりやすいタイミングや回数を決めてくださいね。

お風呂でも良いですし、ランチの後でも良いです。

定期的にヨガをするのも良いですね。少し辛いポーズをしながら、自分の呼吸に耳を傾ける。とても理にかなっています。

その場合は、ヨガの種類によっては、胸式呼吸になりますが、深い呼吸を意識してみましょう。

早歩きやランニングだと、呼吸はあまり深くなりません。

 

深呼吸するメリット

深呼吸は、ミトコンドリア活性のためだけではありません。

ガチガチにこわばってしまい気味な、妊活生活にも必要です。

深呼吸することで、強制的にからだを興奮状態から鎮静状態にもっていくことができるのです。

一時的だとしても、リラックスすること、からだを休めること、鎮静することは、とても大事です。

常に興奮状態では、なかなかからだが循環しないのです。

循環しなければ、いくら温かいものを飲んでも、からだはすぐに冷えてしまいます。

 

どうか、たくさんのことをがんばりすぎず、ひと呼吸。

 

 

妊娠をゴールにしていませんか?
“健康な生命をつなぐこと”、“心身ともに健康に子育てする人が増えること”私たちのゴールは、妊娠のもっと先にある“みなさんの幸せ”です。
カラダは食べたものでできていて、脈々とそれが次世代へ受け継がれ、出産のたびに母親の約半分の毒素が子供へ移動するといわれています。
デトックスすることは、妊娠しやすいカラダになるだけでなく、生まれてくる子供を守ることにもなります。妊活しているからこそ、子供を迎える準備をしっかりと行い、これからの子育てを思い切り楽しんでほしいと思います。
楽しく健康に過ごせる家族が一家族でも多く増えていってほしい!そんな願いを込めてスクナビコナは活動しています。

スクナビコナでは3つ
ファスティングプログラムを
ご用意しております