妊活と健康に関する情報をお届けします。 妊活と健康に関する情報をお届けします。

健康お役立ちコラム

2020年大変お世話になりました

健康お役立ちコラム 2020年12月31日

今年もあと2日となりました。

たくさんの方とご縁あって、出会うことができたこと、感謝しております。

本当にありがとうございました。

 

今年は、コロナウィルスという新型ウィルスによって、わたしたちの生活は一変しましたね。

見えないもの、しかも未知のものということで、1年たった今でも、わたしたちの脅威となっています。

だからこそ、今年は、人とのつながりや健康を強く感じたのではないでしょうか。

 

こどもたちは給食をパーテーションで区切られて食べたり、どこへいっても消毒で清潔の概念も変わりました。

マスク着用を求められ、表情を読むことが難しく、コミュニケーション力が問われました。

環境の変化についていけない人にとっては、どんなに苦痛だったことでしょう。

 

しかし、マイナスのことばかりではありません。

オンライン化が進み、今まで対面でしか学べなかったことが、学べるようになったり

環境の変化に対応が難しい人の存在を知り、思いやることができるようになりました。

 

もともと、働きながら妊活、自宅で妊活、をからだを整えることで実行することを推奨していますので、

産婦人科やレディスクリニック不足の地方で、妊娠しにくいことで悩んでいる方が

都心のクリニックに行けずに、オンラインで相談くださることはわたしたちにとっては喜ばしいことです。

コロナに不安を感じながらストレスを抱えてクリニックにいっても、治療の効果は思うようではないと思うからです。

それなら、コロナへの不安を感じず、条件がそろったときにパッと授かれるようにからだを整えるほうが

不妊治療については近道です。

 

来年も、こういった動きは加速すると予測されますので、遠方にいる気持ちの通じ合える方と繋がれることに喜びを感じながら

ぜひ、生活を楽しみましょう。

スクナビコナは、1/8(金)によもぎ蒸しを導入し、サロンをオープンしますが、サロンに直接足を運べないお客様とも

オンラインでも繋がって妊活サポートを致します。

腸活講師である松本は、腸活講座以外にも、添加物講座やファスティング講座などをオンラインで提供する準備もしています。

来年、新しいことで、たくさんの人と新しく出会うことに、今からわくわくしています!

 

年末年始におすすめの食事

年末年始は日本全国を寒波が襲うようですが、ぜひ皆さんは

からだを外から温めて、からだの内側からもエネルギーを産み出せるようにお過ごしください。

内側からも温めてあげること、熱を産み出せるように消化吸収を良くし、温め効果のある栄養の代謝をあげましょう。

 

今年は、おうちでお正月を迎える方も多いと思います。

おせち料理をいつもより豪華にしたり、手作りする方も増えているのではないでしょうか。

そのおせち料理ですが、栄養として、年の初めに食べることに意味があります。

子孫繁栄とか、将来の見通しが良い、とか縁起をかつぐ意味のほかにです。

 

わたしたちのからだは、良くできていて

上げれば下げる、でずぎれば抑える、そういう風にできています。

その他に、食べた物と関連したものを、からだが覚えるという機能も持っています。

こどものうちに食べる習慣のあったものは、大人になってしばらく経っても覚えています。

また、そういったものは、その人の好みのベースになっていくことが多いです。

 

それは、人生で言うと、幼年期に食べることに意味があります。

もっと細かくすると、1年の初めに食べることに意味があります。

 

1年の初めに食べた物が、その後12月までに食べる物に影響してくるということです。

1年の初めに、栄養があってパワーのあるものを食べておくと、そのからだは12月までに食べる物をうまく摂り入れて機能させることができるのです。

逆を言うと、1年の初めに食べておかないと、その後にどんなにパワーのあるものを食べても、最大限に生かせないということです。

ぜひ、元旦にすべてとは言いませんが、1月中にパワーのあるものを食べましょう。

 

パワーのある食べ物とは

根の部分、大豆、かたくちいわし、ゆりねなどが代表的なものです。

根の部分とは、根の部分を食べる物のことです。大根、人参、かぶなどの根菜類は全般良いですが、たけのこも良いです。

大豆は、そのままよりも発酵している味噌が、消化吸収の面からみてもおすすめです。

発酵しているものは酵素も含んでいますので、ビタミン・ミネラルを機能させるのにもちょうど良いです。

かたくちいわしは頭ごと食べることが大事です。おせちの田作りは理にかなっています。

田作りが苦手な人は、丸ごとかたくちいわしで出汁をとるのが良いです。

ゆりねは、6~8年かけてエネルギーをためて種から球根になりますので、パワーがたくさんつまっています。

たまねぎも良いですね。

 

これらを1年の最初に食べておくと、からだが食べたことを記憶しているので

その後食べるものがそのパワーを利用しやすくなったり、機能性が増したりします。

 

お手本は野生動物

野生の動物は、冬前に栄養価の高いものを食べて冬を過ごし、春になると根菜類、山菜などを食べます。

(動物の種類によって、例外もあります!)

そういった野生の動物と同じような生活をしていると、からだも季節外れになりにくく、自然のリズムに沿って生活ができます。

 

妊活にも妊婦にも大事。自然のリズムに沿うということ

妊活している方にも、こういった生活をおすすめします。

ホルモン分泌は、自然のリズム、月のリズムに影響されます。

生理が満月や新月にだいたいあう人は、からだも自然のリズムに沿っているといえます。

そういう方は、授かりやすいからだに整っている人が多いです。

つまり、妊活の面からみても、からだを季節外れにせずに、自然のリズムへ近づけることはとても大事です。

 

妊婦の方は、お腹のお子さまの脳や神経の発達には特にエネルギーのある食べ物が効果的です。

妊娠継続だけでなく、産まれてくるお子さまの発達や、その子が高エネルギーで産まれてくるように、やはり自然に逆らわない生活をされることをおすすめします。

 

妊活されている皆さま、妊婦の皆さま、ぜひ、1月の間にパワーのあるものを食べましょう。

そして、春は解毒の季節。冬の間は無理せずに栄養を蓄え、春を迎えましょう。

栄養のある、パワーのあるものと同量、からだに悪いものを食べてはだめですよ。

でも、少しなら体に悪いものでも大丈夫。一番強いのは、人の気持ちです。体に悪いな、というものでも楽しんでおいしいと笑顔で食べましょう。

不思議なことに、それはからだに悪さをせずに排出されます。

 

一番大事なことは、気持ち

何事も楽しんでできるか、それが大事です。

辛い!どうしてこんなに辛いの!と考えてはだめというわけではありません。

辛い!どうしてこんなに辛いの!って考えてしまうわたし。そんなわたしもいる。でも、そこから前を向くわたしも、いる。

あぁ、辛かった。さ、前を向くか!と思い、それを口に出してみてください。

考えているだけよりも、口に出すと、それは本当になりますよ。本当に前を向けるようになります!

わたしたちは食べたものでできているので、口に入れるものはもちろん大事ですが

食べた物をからだの中で代謝させてエネルギーに変えるためには、精神の部分が重要です。

 

年末年始にすること

まとめると、

からだを外から温めること、中から冷えないようにエネルギーを作れるものを食べること、無理をせずに栄養を蓄えることを考えること、からだに悪いものは少しなら良い!

1月のうちに、栄養があり、エネルギーのあるものを食べること、それは土の下でできるものだったり、発酵していたり、カタクチイワシやゆりねが良い。

一番大事なのは、気持ち。ストレスを逃がし、今の自分を認めてあげられる気持ちが持てると良い。

食べ物も大事だが、それらを代謝してエネルギーにするために、食べ物ばかりを気にしないこと。

 

来年もよろしくお願い致します

また来年も、皆さまの健康にお役に立てるように邁進して参ります。

良いお年をお迎えください。

 

スクナビコナ一同

 

妊娠をゴールにしていませんか?
“健康な生命をつなぐこと”、“心身ともに健康に子育てする人が増えること”私たちのゴールは、妊娠のもっと先にある“みなさんの幸せ”です。
カラダは食べたものでできていて、脈々とそれが次世代へ受け継がれ、出産のたびに母親の約半分の毒素が子供へ移動するといわれています。
デトックスすることは、妊娠しやすいカラダになるだけでなく、生まれてくる子供を守ることにもなります。妊活しているからこそ、子供を迎える準備をしっかりと行い、これからの子育てを思い切り楽しんでほしいと思います。
楽しく健康に過ごせる家族が一家族でも多く増えていってほしい!そんな願いを込めてスクナビコナは活動しています。

スクナビコナでは3つ
ファスティングプログラムを
ご用意しております